昨日の続き)

昨日のデータは60代なりたての私としては、「60代以上」とひとくくりされているので、あまり嬉しくない(笑)。そこで、もう少し年代別に詳しく分析したい。手がかりは、前回と同様に「日本ブログ村」のデータから。そこでは、「ライフスタイル」カテゴリーと別に、「シニアブログ」という異なったカテゴリーがある。その後者の年代別比率が下の円グラフである。50代と60代ではどう異なるか、狭間を通過したばかりの私としては関心がある。ライフスタイルとシニア日記は、同様の性格を持つブログのカテゴリーのようで、50代ブログはオーバーラップしている。ライフスタイルでは60代ブロガー数は50代のそれの 1/3 であった。しかしその関係は、シニア日記においては逆転し、50代 (289) の5割増しが60代 (437) の数となる。どちらが正しいかは問題ではない。私は自分自身を振り返って、50代後半まで自分がシニアという意識はなかったから、もし登録するとしてもシニア日記にとは全く思わなかったろう。そのような思考が標準的だとすると、50-60代は「ライフスタイル」から「シニア日記」への移行時期の問題ではないかと推測される。

 

f:id:Miketoy:20140215160852j:plain

 

70代になると60代の半分になる。80代以降の比率は激減するのは容易に想像のつく通りだ。ここで注目に値するのは、さらに先の「90代,100代」である。グラフでは潰れてしまっているくらい少ない中で、90代以上ブログは3つあった。私も、その頃まで状況が許せば書き続けたいものだ。その頃になると、90なりたても100歳代も一緒にするとはけしからん!と、また同様に怒っているかもしれない(笑)。

そのような 90代でもブログを書くのか! というのは新鮮な驚きであった。その中で案の定、素晴らしいブログに出会った。「大正生まれのひとり言」というブログだ。

http://blog.livedoor.jp/marikomat/

f:id:Miketoy:20140215153923j:plain

私はあまりいいねとか、応援ボタンを押さないのだが、今回に限っては押してしまった。

91歳のマリさん。これからも頑張って書き続けてください。私も続きます。