http://www.rakuten.co.jp/mrock/506075/609801/609802/#513219
 ジャガーの自転車はもう作られないという話を某所で耳にしているのですが、さもありなんと言う商品。そもそも本家本元のジャガー(http://www.jaguar.com/jp/ja/home.htm)とイメージ違いすぎなんです(笑)。あまりにも強烈なので、ちょっと引用しておきます。

折りたたみ自転車なんて、いまいちスピードも出なそうだし、壊れやすそう・・・・しかも、重そうだ。
そんなお客様の思いにお答えできる話題騒然の折りたたみ自転車がついに、登場です!
その名も「イノキックス イチ・ニッ・サンDAHHHH!」

猪木が考え、ジャガーが作った逸品です!闘魂注入の卓越した折りたたみ自転車を、手に入れてみませんか?
本格派の称号を、必ずや納得できるはず!


身長95Cm(6才)〜185Cm(猪木)まで乗れる!まさに一生モン!

 ついでに、ジャガーXKのサイト(http://www.jaguar.com/jp/ja/xk/overview/default.htm)からも引用

ジャガースポーツの栄光の伝説を受け継ぐXKが、エクステリアに変貌を遂げ、生まれ変わりました。滑らかな曲線の中に逞しさを表現したノーズとリアセクション、そしてサイドシルのデザインは、新しい感覚で見る人の感性に訴えかけます。XKR、XKR コンバーチブルはレーシングの象徴・メッシュグリルとリアスポイラーをリフレッシュ。4本になったエグゾーストパイプフィニッシャーとともに圧倒的なパフォーマンスをアピールします。よりアグレッシブなエクステリアデザインは、XKの空力性能をも向上させました。スムーズに制御できるパワー、精度の高いハンドリング、静謐な贅沢に満ちたコクピット。

別に車のジャガーの方の文章も、ありがちなものに過ぎません。しかしながら、上記折りたたみ自転車とのブランドイメージの不一致については明らかかも。

車の高級ブランド「ジャガー」が自転車を!?
自転車でも、その卓越したスタイリッシュなフォルムは、変わることはない。

えっと、デザインのコンセプト、同じと考えてよろしいのでしょうか・・・・(爆)。

ブリジストン・モールトンよりもイノキ・ジャガーのほうが強烈です!!!

 ちなみにアントニオ猪木の身長は、引退時の公式発表によると190cmであり、185cmと記した上記広告は誤っていると言えるだろう(http://www.asahi-net.or.jp/~YF7M-ON/profile.html)。まあ燃える闘魂の前に5cmの差などどうでもいいことだ、1,2,3,ダー!!!