スポーツに善意があふれている。

高校野球P校のQ選手は小さい頃父にキャッチボールは何たるかを教えられた。
キャッチボールでは相手の受けやすい位置にボールを投げることが基本。
その父とのキャッチボールから始まり、リトルリーグ中学校、高校と野球を続けてきた。
しかし中学入学の前に、キャッチボールを教えてくれた父が亡くなり、その後は
母の作ってくれるおにぎり弁当を持参し練習をするのが、Q君の姿だった。
チームの監督はそんなQ君の父親代わりとなり時には、厳しい言葉も投げかけた。
やがてQ君は非凡なバッティングをかわれ4番をまかされるようになった。
練習の後も素振りをするQ君の姿があった。
そして今年高校では最後の1年となり部員の推薦で主将にも選ばれた。
今夏は最後の甲子園を目指しナイン一丸となって県大会に臨んだ。
しかし健闘むなしく準決勝5対2でP高校は敗れた。
Q君は試合後にナイン全員に感謝の言葉を伝え、監督にも「ありがとうございます」の言葉を投げかけた。
そして長く支えてくれた母には涙をためながら、言葉を出すことができずじっと下を向く。
やがて、その眼からは大粒の涙がとめどなく零れ落ちた。

という類の記事が溢れスポーツの尊厳を脅かす。
スポーツは勝負である。

7月31日朝日新聞スポーツ欄のコラムは「彼はあのとき少年だった・・・」で始まる名文ではあるが、
その見出し「けっして敗れたのではない」にあらわれているようにその善意はなんだろう。
スポーツを侮辱している。
5位の「北島は負けたのではない」なら1位ファンデルバーグは勝ったのではないのか?
このような記事からは王者にたいする尊敬が感じられない。
善意がスポーツを侮辱している。
拙いプレーにさえ評価を与える高校野球の観戦記が典型ではあるが
5位の「北島は負けたのではない」
なんて詭弁が通じるのはマスコミ特有のスポーツ善意大会くらいなものだ。
とくに件のコラムを書いた記者は情緒に流されるきらいが強い。

「金メダルには、文字どおりの「勝者」に与えられる光輝がある。もちろん銀も銅も素晴らしい。
だが勝負の実質となると、一人の勝者と多くの敗者である。
内村選手の金は、それを印象づけるゆるぎない強さが光っていた。
4年に一度だけ出現する夢舞台で、勝者は輝き、力を尽くした敗者もまた美しい」-天声人語-

同じ新聞でも、スポーツは数字のみで評価が決まることを訴える。敗者は潔く、勝者を称えよ。