地方に本社がある取引先があるのだが、多少コスト高でも地元の企業を
優先して仕事を回しているらしい。地域活性化の一助になればとのこと
だけれど、立派なことだと思う。

ところで、家に帰ったら長年愛用していたママチャリがパンクして嫁が
困っていた。さっそく近所の小さな自転車屋に持って行ったら、タイヤが
ひび割れ&磨耗で交換しかないという。値段を聞いたら両方で8,000円。
自転車自体もそうとう疲れ切っているので、8,000円も払うくらいなら
新しいのを買ったほうが良いと思って、目に止まった良さげなママチャリ
を購入した。

私は常日頃、Amazonや量販店の値段を比べて最安値を狙う。
おそらく、同じ自転車を量販店で買ったら、かなり安くなったのでは
ないだろうか。が、その取引先の言葉を思い出して、潔く購入。

日本は没落まっしぐらで市場はどんどん狭くなるしお給料もいっこうに
上がらないのだけれど、だからと言ってグローバリズムとか競争ばかり
していると疲れる。
こういった身近なコミュニティで助け合ってみんなで仲良く暮らすのも
悪くはないのかもしれないと思った1日だった。